感情を味わって生きる

7月も残すところわずかとなりました。

2020年はいろんなことが起きていて

 

去年の今頃は

まさか東京オリンピックが延期になるとは

思わなかったし

今は、来年にオリンピックが開催されることも

半信半疑(^^;

 

 

さらに世界で変化は起き続けると言われ

巷ではこれから起こることの

いろんな情報が出ていますが

確かなことはただ一つ

「何が起こるか誰もわからない」

ということ。

 

確実な情報を探すより

何が来てもOK! な自分に整えておく

に時間を使うと決めてからは

 

ブレない自分を創るより

ブレる自分を許して

ブレても自力で戻ってこれる を創る

これが最強じゃないか

と思うこの頃です。

 

コロナウィルスも然り

 

マスクをしている人を見て「必要ない」と揶揄したり

マスクをしていない人に着用を要求したり

 

なんだかおかしなことになっているな

と思います。

 

 

 

そして

こういう時は当然、感情が揺れます。

 

私が思うに、今、一番やってはいけないことは

「平気なフリ」です。

 

なんでなんだ!という怒り

胸が掻き毟られるほど辛い気持ち

何もできなかった無念

何かできたかもしれたい後悔

先が見えない不安

もうどうにもならないという絶望感

 

人は、感情が揺さぶられることにブレーキをかけます。

 

「こんなことを感じてしまう自分はダメだ」

を合図に

ネガティヴな感情を「我慢」し

自分で自分を責めて、表面は大丈夫を装って

心の奥底に 怒りや哀しみ、嫉妬 悔しさ などの

感情が溜まっていく。

 

 

 

「我慢」とは私たち日本人に組み込まれている

遺伝子のようなものだと思いませんか?

 

意識しても、しなくても

もう自動的にやっているのが「我慢」

 

溜まった感情は、体に表れ

ストレスから胃が痛くなったり

腰痛と怒り

のブログにも書きましたが

腰痛の根本は自分で認識していない

「怒り」の感情だという説もあります。

 

また、トウリーディングでは

心の奥にしまわれた行き場のない感情は

「足の指」に痕跡を残していると考えます。

 

つまり、鬱滞したネガティブな感情は

現象として表れているということです。

 

感情に振り回されることを恐れて

「平気なフリ」をするのは

人生を綱渡りで生きているようなもので

 

ふと下を見てしまったら、現実に足がすくんで

動けなくなるか

真っ逆さまに落ちてしまう。

そんな危うさを感じるのです。

 

そして、もっと厄介なのは

平気なフリ をしていることに気がつかない

自分は大丈夫 と思っていること。

 

とくに、忙しい日常を送っていると

自分のことには触れずに頑張っているのが

ほとんどでしょう。

 

悲しみを感じたら悲しんでいい

ショックを受けたら落ち込んでいい

 

 

ネガティブな感情を味わうことを自分に許してあげる。

 

何があっても心乱さず

弱音を吐かずにひとりで乗り越える

 

それも大切かもしれないけれど

 

弱音を吐くことは

息抜きです。

 

たまには息抜きしたくなりますよ。

溜めずに吐き出せば

すぐに消えてなくなるもの

 

 

怒りを誰かにぶつける と

怒りを味わう のは

別のことです。

 

怒っている自分を感じる。

怒りを感じている自分に正直になる。

 

「怒ってる?」

と聞かれて

「怒ってない!」

と返してしまうときを思い出してください。

 

 

悲しいという自分に正直になる。

「大丈夫」という言葉を使わずに

本当の気持ちを言葉にしてみる。

 

寂しいも同じ

「大丈夫」ではなく

今の気持ちを正直に言葉にしてみる。

 

 

味わったら、残りません。

もう、あなたの現実に影響を及ぼすことはないんです。

 

落ち込むのは「弱い」からではなく

味わっているから。

 

本当の「強さ」とは

怒りも悲しみも

喜びも愛も

憎しみも

すべて持ち合わせていること。

それを隠さずに味わうことが「強さ」です。

 

溜まってしまった感情は

解放してあげればいい。

 

書き出してもいいし

誰かに聞いてもらってもいい

(この場合、誰に聞いてもらうかは慎重に)

 

 

ゆっくりお風呂に入って

足の指を見ながら、自分と会話するのもおすすめです。

 

親指は 運命の指

人差し指は コミュニケーションの指

中指は 行動の指

薬指は 関係性の指

小指は 信頼の指

 

意外とじっくり見たことがないのが足の指

 

指を見て何を感じるでしょうか

 

疲れているな

我慢しているな

悲しいな

怒っているな

寂しかっているな

 

そうあなたが感じるだけでも、解放されていきます。

 

たまには、弱音を言う自分もありだと思います。

 

 

トウリーディングについて

YouTubeで配信しています。

【人生の設計図】

足の指から人生を読み解く 

トウリーディングの概要と親指ついて

トウリーディングの人差し指と中指について

トウリーディングの薬指と小指ついて

 

 

トウリーディングのページへ

トウリーディングセッションプランはこちらから

 

 

 

 

9年周期とは?

数秘術では、人生を9年の周期に分けてみていきます。

例えば、2018年の1年間は1から9までの

どの数字のエネルギーを受けるのか

数字が表すエネルギーとは「感情」です。

2018年は、どんな感情になりやすいか知っておく。

これが、なんの役に立つのかというと

感情は、すべての行動の源です。

 

感情が足をひっぱる

9年の周期には、それぞれ「波」があります。

一番高い波がくるのが「8」の年です。

数字には、「表」と「裏」のエネルギーがあります。

9年間の中で、一番高い波に乗ろうとしたときに何が、

あなたの足をひっぱるかといえば「感情」です。

あらかじめ、影響されやすい「感情」を知っておくことで

「気づく」ことができる。

恐れは幻想「8」は達成の年ですが、

「裏」の感情は「恐れ」です。

達成を目の前にして、「恐れ」が出てくる。

この恐れに影響されると、

最高の波に乗れずまあまあの波で終わってしまう。

もしくは、怖くて波にすら乗らなかったということも、

あるかもしれません。

「恐れ」は、行動を制限します。

今、自分が恐れているということに

気づけたら恐れを手放すことができます。

気づいてみると恐れは、実際には起きてはいないことです。

いわば「幻想」に過ぎないと、

気がつくことができたら

あなたの行動を制限するものは、ありません。

この9年周期は、テンプレートになっていますので

生涯お使いいただけます。

影響されやすい「感情」を知って

人生最高の波を逃さない。

そんな使い方がオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. トウリーディング

    地雷を踏んだらサヨウナラ

    こんにちは!10月10日までの トウリーディングキ…

  2. トウリーディング

    小指のメッセージ

    最近、かんちゃんが夕食を準備してくれま…

  3. トウリーディング

    運命の指

    足の親指は「空の指」と表現されます。あなたは、あなたの運命を生…

  4. トウリーディング

    あなたは何を我慢してきましたか?

    倶知安でトウリーディングお試しセッションをやりました。初めてお…

  5. トウリーディング

    ヒールと社会通念と女性の選択

    トウリーディングのセッションを始めてから「足」に対して…

  6. トウリーディング

    聞く力

    阿川佐和子さんの「聞く力」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. アスリート

    羽生結弦選手に見る「ただやる」という境地
  2. トウリーディング

    質問の意図は何か
  3. 数秘術

    数秘術「9」と水族館のイルカを見て思ったこと
  4. ラジオ

    かわいいのにモテない人の共通点
  5. ラジオ

    おかげさまで100回目!
PAGE TOP