心に残るスピーチ

原田マハさんの

「本日は、お日柄もよく」

一気に読んでしまいました。

 

主人公がスピーチライターとして成長していく

ストーリーなのですが

この仕事は

「言葉のプロフェッショナル」であると

小説の中に出てきます。

 

本当にそうだなと思いました。

 

心に残るスピーチとは

話し手のことより

送る側に対して

例えば結婚式なら、新郎の友人代表なら新郎へ

 

 

国民へ向けたものであるなら、国民へ

 

「承認」が聴こてくる言葉があること。

 

「承認」とは何か。

私はあなたのことを見ているよ

知っているよ。

あなたがどんな気持ちでここまで来たのか

私は何度も想像しているよ。

というメッセージなのだということ。

 

そんな言葉を受け取ったら

誰だって感動する。

 

こちら側が相手をどう見ているのかが

すべて透けて見えてしまうのがスピーチ。

 

相手をどう見るのかは

相手次第ではなく

スピーチする側次第なんだとつくづく感じました。

 

スピーチライターとは

とってつけたような言葉を並べた文章を作るなんて

やってはいけない。

 

スピーチしているその人が表現されていて

かつ、聴衆の心に響く言葉。

 

言葉を出すには

まず、相手を「どう知る」のかがカギになる。

 

そして、聴衆が何に心を動かされるのか

そこまで創作して、心に残るスピーチが完成する。

 

この小説にはその過程が描かれています。

 

相手を知ろうとする努力と葛藤に

読んでいて胸がジーンとしてくるのです。

 

 

日本の総理大臣にも

スピーチライターはいるはずだから

ぜひ、この小説を読んでいただきたいと

心から願います。

 

 

 

 

 

 

 

5月末まで、全セッション半額です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 自分の中に毒を持て

    前から気になっていた岡本太郎氏の本…

  2. 誰かを幸せにするために

    作家 伊集院 静 さんのファン。久…

  3. 今、必要なこと「藍の書」を読んで

    辻麻里子さんの「藍の書」を読み終わりました。この本は、…

  4. 美しく生きる

    あなたは私 私はあなた探し物をしていて…

  5. そばにいてもいいかい?

    久しぶりに、この絵本を手に取りました。…

  6. 「生きる技法」を読んで

    自立とは「助けてください」と言えたとき、人は自立し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. 数秘術

    人生のストーリー
  2. 日々のエッセイ

    数字があらわす健康状態と天神屋台のバイタリティ
  3. 日々のエッセイ

    2時いろネットワーク
  4. ラジオ

    幸せを考える
  5. 数秘術

    数秘術条件付けナンバー6のお子さんを育てる
PAGE TOP