2人でお酒を

自分とは違うイメージ

歌手の梓みちよさんが亡くなった記事を読んで思ったこと。

自分をどう演出するか。

その演出した自分とどう向き合っていくか

発信者として感じることがありました。

今はSNSで自分のイメージを作り、誰でも発信して

固定のファンを持っている人もいます。

イメージづくりは、もう誰の人生にもあるアイテムの

ようなものかもしれません。

梓みちよさんの

大ヒットした「こんにちは赤ちゃん」は

私の生まれる前の曲。

当時19歳の梓みちよさんは、この曲でスターになった。

以後、何を歌っても「こんにちは赤ちゃん」を超えられず

重荷で、この歌を歌うことが嫌になったとありました。

芸能界はイメージを作り上げるところ

自分とかけ離れたイメージが出来上がってしまうって

相当葛藤があるだろうと想像できます。

その後、「2人でお酒を」がヒット。

イメージをガラリと変えて

大人のイメージ。

2番の歌詞から、ステージであぐらをかいて歌うという

インパクトで、「こんにちは赤ちゃん」を払拭しました。

自分をさらけ出す

YouTubeで「2人でお酒を」を歌っている

梓みちよさんを見たのですが

1番と2番の間奏で、

ステージでスッと座る動作が格好良くて

まさに「大人の女」でした。

この「2人でお酒を」も

大人の女のイメージを作るため

毎晩、高級レストランで食事をし

最高の物を身につけ

最高の男と付き合い

自分で自分に暗示をかけて

気がつくと、本当に嫌な女になっていったのよ

とご本人がインタビューに答えている動画がありました。

そのインタビューで

「今なら こんにちは赤ちゃんを歌えます」

「40年かかった(笑)」

と笑顔でいう梓みちよさんは、とても綺麗でした。

自分とまったく違うイメージ

それも自分の一部と受け入れたんだな

と、その笑顔を見て思いました。

「ステージのMCも自然体でいこうと思うようになりました」

という言葉も印象的で

最後までイメージを守り抜いていく人もいれば

自分をさらけ出して新境地を開き続ける人もいる。

梓みちよという歌手は

自分を出して開いていった人なんだと感じました。

イメージを取り込む

イメージを払拭する方法は

そのイメージも自分の中に取り込むことかもしれない。

自分の中にないものは出せないから

それも自分と降参してしまうと自然体でいられるような気がします。

自分は誤解されやすい

と、悩んでいる人がいます。

本当の自分が伝わらないと悩んでいる。

その誤解されている自分も

きっとあなたの中にある。

そう、思えば楽じゃないですか?

それが自分と真逆であればあるほど

面白いと思ってみる。

それぐらい自分を楽しんでみてもよいのではないでしょうか。

うらみっこなし

それにしても「2人でお酒を」は良い歌です。

この歌を聴いていたのは小学生くらいかな〜

久しぶりに聴いて、

それからずっと口づさんでいる自分にびっくりです。

うらみっこなしで 別れましょうね

さらりと水に すべてながして

心配しないで ひとりっきりは

子どものころから慣れているのよ

それでもたまに さみしくなったら

2人でお酒を 飲みましょうね

飲みましょうね

うらみっこなし

愛のある言葉だな。

最近の不倫騒動の方々すべて(男も愛人も妻も)に

聞かせてあげたくなりました。

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日々のエッセイ

    アウトプットする

    かんちゃんとアメブロの声のブログを毎朝やっています。5…

  2. 日々のエッセイ

    友よ、水になれ

    ブルース・リーブル…

  3. 日々のエッセイ

    wakuwaku kanchan ライブから〜パートナーシップについて〜

    初のトークライブ!東京両国で開催しました。…

  4. 日々のエッセイ

    「愛される」という言葉

    愛される人は幸せに写ります。だから、愛されたいと願う。…

  5. 日々のエッセイ

    数字があらわす健康状態と天神屋台のバイタリティ

    数字の書き方で健康状態がわかるこちらの本はお借りしているもので…

  6. 日々のエッセイ

    花は咲くから美しい

    朝、ウォーキングをしていると花 たちに目がいきます。&…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. 日々のエッセイ

    さみしさの正体
  2. 日々のエッセイ

    プチ旅行中
  3. やさしい男たちシリーズ

    やさしい男たちシリーズ〜前田薫という男〜
  4. 人間関係

    「わかる〜それ!」って言っていませんか? 
  5. 未分類

    地に足をつける
PAGE TOP