数秘術条件付けナンバー7のお子さんを育てる

「知らない」ということに

正直になれる人を

とてもカッコイイと感じます。

 

潔さというか

カッコつけないところが

カッコイイ。

 

でも、人はカッコつける生き物です。

 

だからこそ、経済も流通しているわけですよね。

 

カッコつけなかったら

洋服も買わないし

食べるものも何でもいいかもしれない。

 

肩書きにもこだわらない。

注目されたいとも思わない。

 

政治家もやる気をなくすかもしれません。

 

世の中が急につまらなく感じますね。

 

結局、カッコつけるからこそ、人生は面白い。

 

禅問答のようになってしまいました。

 

何が言いたいかというと

それだけ、知らないことに正直になることは

難しいのではないか、と思うわけです。

 

だからこそ、カッコイイなと感じます。

条件付け7のナンバーのポイントは

この「知らない」ということにあります。

 

正しい答え

 

条件付けナンバー7〜自分を信頼できない

条件付けナンバー7のキーワードは信頼です。

自分を信頼することが難しい。

その根底にあるのは

知らない、わからないという状態に

なんとも言えない居心地の悪さです。

 

常に答えを持っていたいので

正しい答えより

答えを持っている人は誰なのか

が重要なことになっています。

 

条件付け7の子どもは

「知らない」ということを

自分に許すことができません。

 

 

知っていること=知能が優れていること

になりやすいので

知能以外の特質

頑張っていること

かけっこが速いこと

踊りが上手なこと

など

日常の何気ないことを評価される必要があります。

 

答えより問い

 

常に答えが欲しいので

問いを出されることが苦手です。

 

わからない という感覚と一緒にいることができません。

 

人は、知らないということを

知っているときこそ

「あるがまま」の姿になれます。

 

7の子どもは

答えがわからないと深刻になります。

この世の終わりのように感じるのです。

 

だからわからないことがないように

相当の度量区をします。

 

子どもなのに、無邪気に好奇心のままに

楽しんでいては、愛されない。

常に正しい答えを知らないと愛されない。

受け入れられない

という恐怖と一緒にいます。

 

子どもにとっての現実

 

お母さんの機嫌が悪いとき

子どもは必死に答えを探します。

そして大抵答えは

「ママは、自分を嫌っているからだ」

子どもの世界からは

他の答えにたどり着くすべはないでしょう。

 

起きた現実に答えを求め

その答えが子どもにとっての現実になっていきます。

 

 

 

自分の考えを表現したとき

「バカじゃないの」という言葉に

条件付け7の子どもは、特に傷つきます。

 

そんなに落ち込んだり

怒ったりしなくてもいいのに

と、大人からすると思いますが

子どもにとってはもう受け入れてもらえない

というくらいのショックがあるのです。

 

ポイント

 

条件付け7のお子さんを育てる上でのポイントは

答えはわからない

答えなどない

説明できない状況があるんだと

親がまず受け入れていくことが大切になります。

 

自分がわからないことを

わからないと言う。

その姿を見て、子どもは

わからないという世界を知ることができます。

 

正しい答えにこだわりすぎると

自分で答えにたどり着くのではなく

誰のそばにいたら、正しいのか

ということに一生懸命になっていきます。

 

そもそも人生に「答え」などないのです。

 

わからないこと

知らないこと

そこに興味と関心を持つことで

人生は深く味わいのあるものになっていく。

 

誰かが答えをくれるのではなく

自分で見つけた答え、それで十分なんだと

体験させてあげること。

 

それには

「あなたはどう感じる?」

という言葉をかけてあげることが一番です。

 

 

頭ではなく

心で何を感じているのか

言葉にすること。

 

この体験が、答えではなく

問いこそが人生 だと

導いてくれるでしょう。

 

それは、条件付け7にとって

とても大切なことです。

 

★条件付けのナンバー出し方
生年月日の月と日を足します。

例)8月9日生まれ
8+9=17
1+7=8 ← 条件付けのナンバー

 

 

 

■数秘術条件付け1〜自転車をこぐ人

■数秘術条件付け2〜依存する愛

■数秘術条件付け3〜演技する人

■数秘術条件付け4〜自然体でいられない

■数秘術条件付け5〜わがままになることが恐い

■数秘術条件付け6〜ジャッジが止まらない

■数秘術条件付け7〜自分を信頼できない

■数秘術条件付け8〜失敗できない

■数秘術条件付け9〜必要とされたい

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 数秘術

    数秘術「7」〜マリリン・モンロー 孤独の中で〜

    マリリン・モンロー に ついて、知っていることは「寝るとき何を…

  2. 数秘術

    セッションの感想をいただきました

    最近、セッションすることがとても待ち遠しく思うようになりました…

  3. 数秘術

    恋愛のストレス

    恋愛のストレス人が抱えるストレスの中で、もっとも大きな…

  4. 数秘術

    幸せになる勇気と数秘術の条件付け

    アドラー心理学の本。「嫌われる勇気」の次に出たのが…

  5. 数秘術

    人生の設計図

    先日、大学生とお話をする機会がありました。同年代の…

  6. 数秘術

    ■数秘術条件付け3〜演技する人

    条件付けのナンバーはネガティブな側面を持っていますがこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. 日々のエッセイ

    目の真力とヌンチャクと卓球
  2. 日々のエッセイ

    さみしさの正体
  3. ラジオ

    原田恵子トークショー
  4. 数秘術

    2020年に向けて
  5. 人間関係

    質問の意図は何か②
PAGE TOP