「きく」こと

2020年のテーマは

体の声を聴く と決めて

 

からだの声を聴く

 

「きく」をあらためて、考えてみようと思い

 

こちらの本を手に取りました。

 

 

 

 

ものに生命を感じる

きく

「聞き酒」という言葉を聞いたことがありますか?

「酒を飲む」が普通の言い方ですが、「酒を聞く」と表現します。

また香道では「聞香(もんこう)」といって「香りを聞く」と言います。

「香りを嗅ぐ」だとあたりまえですが、私は以前お香の専門家に

「香りは嗅ぐのではなく、

『聞く』のです」

と言われたことがあります。

なぜ、お酒もお香も「きく」というやまとことばを使っているのでしょうか。

それは、お酒やお香から、その奥にある何かを聞いているからです。

お酒を飲んで、ただ「おいしい」と言ったり、お香を嗅いでただ「いい香り」

と言うだけでなく、その酒やお香の

「生命(いのち)」を感じ取っているのではないでしょうか。

だからこそ、わざわざ「きく」と言う言葉を使って、

それぞれに宿っている生命の鼓動を聞き取ろうとしているのです。

 

 

聞き酒

利き酒 と書くと思っていましたが

調べてみるとこちらの「聞く」も使われています。

 

 

利き酒(ききざけ、唎き酒聞き酒とも)とは、酒の品質を判定すること

ウィキペディアより

 

味わうとは、生命の鼓動を聞くこと。

 

 

あと、香りも「聞く」という言葉を使うと書いてあり

「聞香(もんこう)」というのを初めて知りました。

 

聞香とは、文字どおり香炉から「香りを聞く」ということであり、嗅ぐのとは異なり、心を傾けて

香りを聞く、心の中でその香りをゆっくり味わうと言う意味です。

香木の香りを深く味わうには一番適したたき方です。お気に入りの香木をじっくり聞くのも六国の香りを

聞き比べるのも、奥深く楽しいものです。

https://www.yamadamatsu.co.jp/enjoys/monkou.html

 

心を傾けて香りを聞く、心の中で、香りを味わう

 

 

「きく」 とは、見えないものを感じること

 

奥にあるものに耳を澄ますこと

 

と、これまで思っていたことより

さらに深い意味合いの「きく」に出会いました。

 

 

日本語で きく とは

 

聞く → 音や声を感じ取る その内容を知る

聴く → 注意して耳に入れる。傾聴する

効く → 作用・効果が現れる

訊く → 問うの意。(名前を訊く)

利く → 機能が働く。可能である(犬は鼻が利く)

 

これだけ意味があるんですね。

 

 

 

おとひめカードで見てみると

 

き → エネルギー・気

く → 引き寄る

 

きく は エネルギーを引き寄せる こと

と読み取れます。

 

確かに、どの「きく」も

何かを引き寄せるような感じがします。

 

私のバイブルでもある

トウ・リーディングの本には

 

 

懐妊から4週間目に内耳と咽頭が形成され始めますが、

これは人生の始まりから聞くことと

真実を語ることが最も基本だということでしょう。

 

最初に、内耳と咽頭が形成され始める。

聞くことと、語ることは、私たちにとって最重要事項。

 

特に 聞く は 大切に思えます。

 

赤ちゃんが、名前を呼ぶと反応するようになるのは

言葉を話すより先です。

 

発達の段階で何を「聞く」のかは、その後の人生に

大きく影響するのではないでしょうか。

 

また、人間の五感の中で、聴覚は最後まで残る というのを聞いたことがあります。

人は、意識はなくても、聞こえているようで

 

もう助からないと思って、病室で遺産相続の話をしていたら

持ち直し、その後大変だった なんて話もありそうです。

 

 

きく とは

単に音を聞くだけでなく、生命の鼓動を聞くという

意味も込められている。

 

人の言葉も、音として聞こえてくるその奥を

聴ける人でありたいです。

 

噂話の奥にあるものを聴ける耳を持つのは

情報に振り回されず生きる能力にもなります。

 

2020年 あなたの「きく」を進化させていきましょう。

 

 

★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★
★年末年始特別企画★

 

2020年からは、個性を発揮する時代になります。

本当の自分で生きる人生を始めるために

条件付けからの解放セッションをお使いください。

 

条件付けからの解放セッション

30,000円 →  20,000円

12月21日〜2020年1月13日まで申込の方のみ

特別価格

 

 

 

お申し込みはこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9年周期とは?

数秘術では、人生を9年の周期に分けてみていきます。

例えば、2020年の1年間は1から9までの

どの数字のエネルギーを受けるのか

数字が表すエネルギーとは「感情」です。

2020年は、どんな感情になりやすいか知っておく。

これが、なんの役に立つのかというと

感情は、すべての行動の源です。

 

感情が足をひっぱる

9年の周期には、それぞれ「波」があります。

一番高い波がくるのが「8」の年です。

数字には、「表」と「裏」のエネルギーがあります。

9年間の中で、一番高い波に乗ろうとしたときに何が、

あなたの足をひっぱるかといえば「感情」です。

あらかじめ、影響されやすい「感情」を知っておくことで

「気づく」ことができる。

恐れは幻想「8」は達成の年ですが、

「裏」の感情は「恐れ」です。

達成を目の前にして、「恐れ」が出てくる。

この恐れに影響されると、

最高の波に乗れずまあまあの波で終わってしまう。

もしくは、怖くて波にすら乗らなかったということも、

あるかもしれません。

「恐れ」は、行動を制限します。

今、自分が恐れているということに

気づけたら恐れを手放すことができます。

気づいてみると恐れは、実際には起きてはいないことです。

いわば「幻想」に過ぎないと、

気がつくことができたら

あなたの行動を制限するものは、ありません。

この9年周期は、テンプレートになっていますので

生涯お使いいただけます。

影響されやすい「感情」を知って

人生最高の波を逃さない。

そんな使い方がオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日々のエッセイ

    映画「あん」を観て

    樹木希林さんの最後の主演映画「あん」…

  2. 日々のエッセイ

    花は咲くから美しい

    朝、ウォーキングをしていると花 たちに目がいきます。&…

  3. 日々のエッセイ

    プチ旅行中

    今、函館行きのバスの中です。セッションをしに函館へ。昨…

  4. 日々のエッセイ

    アウトプットする

    かんちゃんとアメブロの声のブログを毎朝やっています。5…

  5. 日々のエッセイ

    雨があがって

    朝から雨。今日は、友人のちゃーちゃんこと黒木満寿美ちゃ…

  6. 日々のエッセイ

    感情の波

    感情の波先日、ものすご〜く怒ったことがあり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. 数秘術

    ■数秘術条件付けと子育て #ひげだんの「宿命」を聴いて
  2. 日々のエッセイ

    女の闘い
  3. 数秘術

    幸せになる勇気
  4. 日々のエッセイ

    共有するとき
  5. 数秘術

    ▪️数秘術条件付けのナンバー2のお子さんを育てる
PAGE TOP