ワクワクすることを選ぶ

 

「本当にワクワクすること選んでますか?」

昔、会計事務所に勤務していたころ、泣きながら通勤していたことがありました。

出向先の人間関係に悩み、毎朝、会社に通じる坂道を泣きながら登る。

そんな頃もあったな、と懐かしい現在ですが、「涙」が伝えるメッセージを受け取ると、

ワクワクすることが待っている、

とホンマルラジオ北海道の10分番組にゲストできていただいた

やまだまよ先生のお話で気がつきました。

この美しい「点描曼荼羅画」を考案された まよ先生。

この曼荼羅は絵が上手い、下手は関係ないのだそうです。

直感を頼りに描き進めていく点画

直感に従うといけれど、一体どれくらいの人がそうだろうか?

直感に従うと、最初はワクワクなんてしないものだと思っています。

やってくるのは、ザワザワ感と恐怖

それをしっかり受け止めたときに、ワクワクがやってくる。

ワクワクする方を選ぶって、勇気がいるもの。

まよ先生のお話は、そこにグッと入ってくるものでした。

 

「涙がでるほどいやなこと」

泣きながら会社の坂道を登っていた頃の私は、涙のメッセージを受け取っていませんでした。

まよ先生は、40歳で大学に進学をされています。

入学金、授業料などのお金の壁もそうですが、超えなければならないことは

他にもあったと言います。

4年間何を学ぶか。

アイヌ文化・心理学・地質学・地球科学・考古学・生命倫理

とにかく大好きな事ばかり選択し、4年間を魂から楽しんだそうです。

その選択をするとき、ご主人から

「4年も勉強するのに、何か資格をとった方がいいんじゃないのか」

と言われ、心がグラついた。

資格を取れる学科に変更して、用紙を書き直して見てみると

涙が出てきたそうです。

「私がやりたいことではない」

涙のメッセージを受け取って、魂が喜ぶ学科を選択したと話してくれました。

 

「人って弱いものです」

先生の言葉で印象的なのは、「人って弱いですから」

なんと2年目に授業を選択するときも同じことが起きたそうです。

資格をとるには、ラストチャンス。

また去年と同じことをして、涙を流した先生。

そしてまた選択したのです、魂の喜ぶ学科を。

私は、この話が大好きです。

だって、とっても人間らしい。

人は弱いです。ブレない意志なんて持ち合わせてないんです。

それよりも、その都度泣いて、嫌だけど向き合って、選択していく。

これが、ブレない意志の姿です。

これを、わらって話せる先生が大好きになりました。

このお話を、ぜひまよ先生の声を通しても、お聴きください(^ ^)

 

 

 

 

 

http://honmaru-radio.com/hokaido0076/

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ラジオ

    代表ビビる

    「本気まるだし」情熱チャンネル北海道!ちあきちゃんと収…

  2. ラジオ

    幸せを考える

    人は、幸せ と幸せな気分 を 勘違いしている。&nbs…

  3. ラジオ

    原田恵子トークショー

    年齢を言い訳にしない夫はオリンピック金メダルリ…

  4. ラジオ

    スイッチを入れる

    農業の常識を覆す先日、ラジオの番組でインタビュ…

  5. ラジオ

    さとざっぷ

    さとざっぶホンマルラジオ北海道パーソナリティの工藤貴子ちゃん…

  6. ラジオ

    自己表現しようぜ!

    「自己表現しょうぜ!」これは、フォトクリエイターKumiko …

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. トウリーディング

    小指のメッセージ
  2. 未分類

    嫌いが好きになるとき
  3. 日々のエッセイ

    国際ロマンス詐欺
  4. やさしい男たちシリーズ

    やさしい男たちシリーズ〜前田薫という男〜
  5. 未分類

    相手に寄り添うこと
PAGE TOP