やさしい男たちシリーズ〜前田薫という男〜

薫ちゃん

ホンマルラジオ大阪局代表

薫ちゃんが、ホンマルラジオの代表をやる前、

フェイスブックによく歌っている

薫ちゃんが投稿されていました。

 

私が好きだったのは

「夏のハーモニー」

「糸」

 

ホンマルラジオ北海道開局パーティーのとき

パーソナリティ説明会のとき

パーソナルトレーニングの後の懇親会のとき

クリスマスパーティのとき

 

薫ちゃんの歌う

「糸」が

その場にいる人の心を掴みます。

 

 

私は、一度 「糸」を聴いて

涙が止まらなくなったことがあります。

私の古くからの友人

安田かおりさんが

パーソナリティ説明会に来てくれたときのことです。

 

それは、スタジオで、

かおりさんと、薫ちゃんの1対1の説明会。

そこで、パーソナリティになることを

決めてくれかおりさん。

 

 

その後、薫ちゃんが

「歌いたくなったので、歌っていいですか?」

 

いつも、突然始まる薫ちゃんの歌

もう、慣れていたので

「いいよ!歌って」

と私。

 

何が始まるのか

わからない様子の

かおりさんを、笑って見つめながら

薫ちゃんが歌い出した「糸」

 

 

♪ なぜ めぐり逢うのかを

 私たちは なにも知らない

 いつ めぐり逢うのかを

 私たちは いつも知らない ♪

 

 

この日の「糸」は

私の心を揺さぶりました。

この出だしを聴いたとたん

涙が溢れてきた。

 

 

薫ちゃんの歌う前のメッセージが

「さとっちの大切な友人のために

歌います」

 

 

こういうことを言う男なんです

前田薫は。

 

この歌は

人の巡り合わせを歌っている。

何年かぶりに会った友人

かおりさんが

パーソナリティを決めてくれたことへの

感謝が、薫ちゃんの声と一緒に

ど〜っと胸に溢れて来ました。

 

 

 ♪ 縦の糸はあなた 横の糸は私

 織りなす布は いつか誰かを

 暖めうるかもしれない ♪

 

 

普段何気なく聴いていた

薫ちゃんの声から

 

ホンマルラジオも

パーソナリティみんなとの出会い

ゲストのみなさんとの出会い

人生すべての出会い

 

 

それぞれが、奇跡

 

 

それは、薫ちゃんが

そう生きているからなんだと

このとき思いました。

 

 

心揺さぶる 薫ちゃんの歌。

生き方そのものが

歌に込められている。

 

その生き方は

繊細でやさしい。

 

 

♪どこにいたの 生きてきたの

遠い空の下 ふたつの物語♪

 

 

薫ちゃんの声から伝わる

このフレーズが沁みる

 

「あ~やっとたどり着いた」

と心が言っている。

 

 

♪こんな糸が なんになるの

心許なくて ふるえてた風の中♪

 

 

切れそうになることもある糸

せつなかったあのときを

笑って思い出せる今がある

 

 

人のめぐり合わせが糸

薫ちゃんは

いつでも人のめぐり合わせを

大切にしている人です。

 

 

会うたび

「さとっち~」

と、かけよってきてくれる。

 

 

変わることのない、

こどものようなやさしさで。

 

 

薫ちゃんの歌は

どこかに置いて来てしまった

大切なものを

思い出させてくれます。

 

 

 

 

8月8日 初のライブ

世界中を平和にする声が、大阪に響きます。

 

 

 

 

 

薫ちゃんの歌が聴ける本

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. やさしい男たちシリーズ

    やさしい男たちシリーズ〜精神科医土田正一郎先生とのラジオ〜

    私には、妹の子供である、姪っ子二人と、甥っ子一人がいます。何年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. 数秘術

    恋愛のストレス
  2. 未分類

    地に足をつける
  3. 日々のエッセイ

    やめたいけど、やめられない
  4. トウリーディング

    聞く力
  5. 日々のエッセイ

    国際ロマンス詐欺
PAGE TOP