広島・長崎を忘れない

5月に福岡と長崎に行ってきました。

長崎で原爆資料館に行き、感じたことを

メルマガに書きました。

 

 

8月6日 広島

8月9日 長崎

この日を、私たちは忘れてはならない。

メルマガで書いたことをあらためて編集して

こちらに書きます。

 

 

長崎で印象に残ったのは

夜景と、そして平和記念公園です。

 

 

 

原爆資料館へ初めて行きました。

 

原爆資料館を見て

私の中に湧いてきたのは

「怒り」です。

 

日本に原爆を落とす理由など、

どこを探してもない。

 

「戦争を終結させるため」

ということが、展示の中の文章にも

ありましたが

 

当時の日本に、戦争を続ける力

そしてそれほど脅威の軍事力があったのでしょうか?

 

二日前に広島に投下し

さらに二発目を長崎に投下する必要があったのでしょうか?

 

 

ただ、出来上がった核兵器を試したかっただけ

 

としか私には思えませんでした。

 

それも、一般市民を狙って投下したという事実。

 

子供の頃の私は

原爆投下は戦争終結のためだった

と何かで読んで、そう思っていました。

 

そこに疑いを持ってはいなかった。

 

今は、そのことに激しく憤りを感じます。

日本人として原爆投下の真実を知らなかったという情けなさ。

 

戦争が恐ろしいのは

正義という都合のいい理由の中で

どんどん人間としての感覚を

失っていくことです。

 

人間としての「心」があるなら

こんなことできるわけがない。

 

 

 

広島・長崎の原爆記念館に行くと自分の中の何かが変わる

 

と誰かに聞いたことがあります。

 

 

長崎の原爆資料館を見てから

私の頭の中で「平和」の2文字がぐるぐる回っています。

 

 

 

これまで世界の平和に対して

対岸の火事

だったことにも気づき

 

そんな風ではいられないほどの

衝撃が原爆資料館にはありました。

 

 

 

 

「平和」は突如として壊されることがある

 

そして、壊された者だけが、本当の平和を伝えることができる

 

日本人はその役割があると今回はっきり感じました。

 

 

どうしたら世界が平和になるのだろう。

 

もう2度と地球上に核兵器を投下させないためには

何ができるのだろう。

 

自分ができることは何か

考えました。

 

今私の中にあるのは

 

世界で起こることを

他人事にしないこと

 

自分には関係ない

としてやり過ごし続けることが

 

突如として壊される もろい「平和」につながると

思ったからです。

 

 

 

 

平和公園では、小学高学年くらいの子供たちが

8月9日の長崎を忘れないために、戦争についての課外授業を

やっていました。

 

真剣な子どもたちの顔を見て

 

広島と長崎を心に刻むこと

 

世界の危機を見極めることができる

タフな精神を持つ大人を増やそう。

 

 

この二つを思って帰ってきました。

 

8月6日 8時15分  広島に原爆が投下

8月9日 11時02分  長崎に2つ目の原爆が投下

このことを、私たちは忘れてはならない。

世界のために。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

足の指にあなたの人生のパターンがあらわれています。

 

 

 

 

 

 

トウリーディングセッションご希望の方はこちらから

 

 

 

 

 

 

人生に繰り返し起こるパターンから抜け出したいとき

エンジェル☆さとみのクリアリングセッション

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9年周期とは?

数秘術では、人生を9年の周期に分けてみていきます。

例えば、2018年の1年間は1から9までの

どの数字のエネルギーを受けるのか

数字が表すエネルギーとは「感情」です。

2018年は、どんな感情になりやすいか知っておく。

これが、なんの役に立つのかというと

感情は、すべての行動の源です。

 

感情が足をひっぱる

9年の周期には、それぞれ「波」があります。

一番高い波がくるのが「8」の年です。

数字には、「表」と「裏」のエネルギーがあります。

9年間の中で、一番高い波に乗ろうとしたときに何が、

あなたの足をひっぱるかといえば「感情」です。

あらかじめ、影響されやすい「感情」を知っておくことで

「気づく」ことができる。

恐れは幻想「8」は達成の年ですが、

「裏」の感情は「恐れ」です。

達成を目の前にして、「恐れ」が出てくる。

この恐れに影響されると、

最高の波に乗れずまあまあの波で終わってしまう。

もしくは、怖くて波にすら乗らなかったということも、

あるかもしれません。

「恐れ」は、行動を制限します。

今、自分が恐れているということに

気づけたら恐れを手放すことができます。

気づいてみると恐れは、実際には起きてはいないことです。

いわば「幻想」に過ぎないと、

気がつくことができたら

あなたの行動を制限するものは、ありません。

この9年周期は、テンプレートになっていますので

生涯お使いいただけます。

影響されやすい「感情」を知って

人生最高の波を逃さない。

そんな使い方がオススメです。

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日々のエッセイ

    メガネ禁止

    先日、こんな記事を見つけました。「女性社員はメガネ禁止、冷たい…

  2. 日々のエッセイ

    女の闘い

    北海道はすっかり秋の気配です。いろんなことが起きている9月。…

  3. 日々のエッセイ

    数字でわかるあなたの健康状態

    5月なのに、30度を越す暑さですがみなさま、体調など崩していな…

  4. 日々のエッセイ

    不自由さの陰に潜む「べき」

    前回腰痛と怒りの関係というテーマを書きました。…

  5. 日々のエッセイ

    映画「あん」を観て

    樹木希林さんの最後の主演映画「あん」…

  6. 日々のエッセイ

    最近気付いた自分のこと

    朝のウォーキングを始めてからお酒の量が減りました。&n…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. ラジオ

    ワクワクすることを選ぶ
  2. ラジオ

    幸せを考える
  3. 人間関係

    敬意を持つ
  4. 数秘術

    ■数秘術条件付けのナンバー6〜ジャッジが止まらない
  5. 数秘術

    ■数秘術条件付け4〜自然体でいられない
PAGE TOP