感情の波

 

感情の波

先日、ものすご〜く怒ったことがありました。

メッセンジャーで送られてきた文章を読んで

怒りのあまりに、スマホをソファーに投げつけ

(床ではなかったのでスマホは、壊れませんでした(^ ^))

「もう、フェイスブックの友達削除する!!」

と検索したら、出てこない。

どうやら、先に私が削除されたようでした(^ ^)

 

 

久しぶりにあんなに怒りましたね〜

最近、感情の振れ幅が大きくなったと思います。

以前は、この感覚が嫌でしょうがなかったけれど

今は、少し違ってきています。

 

若い頃は、自分の感情を持て余していた時期がありました。

特に「涙」です。

 

 

私は、若い頃よく泣いていました。

失敗したと思っては泣き。

バカにされたと思っては泣き。

本当に生きづらかったな〜

 

あと、私は他人の感情に揺さぶられる

ということがよくあります。

泣いている人を見ると、胸が締付けれらる。

涙を見た瞬間に、一緒に泣きます。

もう、これは条件反射としか言いようがない。

他人の感情に共感しやすいのだ、と理解できたのは

ごく、最近です。

 

嬉しいことを共感しているときは、私にとってプラスに働きます。

一緒に喜べる、こんな幸せなことはありません。

 

 

問題は、ネガティブな方。

職場の誰かが怒りを抱えていると

なんでそんなに怒っているのか?と私も怒る (*≧∀≦*)

こともあれば

ただただ、具合が悪くなることもありました。

なので、怒りに対しては、心を閉ざすという方法が一番手っ取り早い。

怒っているところをみたら、心を閉ざす。

その怒りは、私に向けられたものではなくても

二度と心は開かないと決める。

 

怒り=悪

という図式でした。

だから、自分の怒りを認めることができない。

人って、怒りだけを感じないようにすることって

できないんですよね。

冷静に生きようと思ったら

全ての感情を味わうことができなくなります。

あまりに振り回されるので、感情なんてない方がいい

と思って生きていた頃もありました。

 

 

今、感じることは

感情は味わい尽くすもの、です。

スマホを投げつけるほど怒っても

平常心に戻ってきたらOK。

涙が枯れるまで泣いても

笑顔は必ず戻ってくる。

どんなに長いトンネルでも出口はある。

どんなに夜が長くても、朝が来ない日はない。

面白い人生を生きたいなら

振れ幅最大にして、生きよう。

ターミネーターのセリフ

「I’ll be back!」

どんなところからも、また、戻ってくる強さがあれば

何があっても大丈夫。

久々の「怒り」から

そんなことを考えていえると

怒った自分が、可愛く思えてきました(^ ^)

 

 

心が静まる瞬間

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日々のエッセイ

    アスリートの魂

    私の趣味の一つに「スポーツ観戦」があります。格闘技から卓球まで…

  2. 日々のエッセイ

    国際ロマンス詐欺

    朝のワイドショーを久しぶりに見ていたら、こんな話題をや…

  3. 日々のエッセイ

    映画「あん」を観て

    樹木希林さんの最後の主演映画「あん」…

  4. 日々のエッセイ

    言葉は聴くことから生まれる

    最近読んだ本です先日、自分の前世を知る機会がありました。…

  5. 日々のエッセイ

    女の闘い

    北海道はすっかり秋の気配です。いろんなことが起きている9月。…

  6. 日々のエッセイ

    令和に寄せて

    新しい年号が発表されました。テレビに映る文…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. 日々のエッセイ

    アスリートの魂
  2. 日々のエッセイ

    私、パワーアップしています。
  3. 日々のエッセイ

    自分に魔法をかける
  4. 未分類

    地に足をつける
  5. 日々のエッセイ

    秋の休日
PAGE TOP