自分と出会う

以前は映画を良く観ていました。

最近は、滅多に観なくなりましたが、、、

好きな監督の一人に

伊丹十三監督がいます。

 

 

1997年に突然のこの世を去りました。

当時は「自殺」という説もありましたが

伊丹十三氏を知る人は

「絶対に自殺ではない」と否定しています。

 

私も、そう断言します。

伊丹監督の映画を観ればわかります。

ヤクザに屈せずホテルを守り通す

「ミンボーの女」

「マルサの女」から

あきらめずやり続ける

ことが根底に流れていました。

 

こんな映画を創る人が

自ら死を選ぶなんてあり得ない

と、確信があります。

 

作品に「命」が吹き込まれていると感じます。

そんな映画を撮った伊丹監督が大好きなのですが

その伊丹監督の名言に最近出会いました。

 

「自分に出会えない人生は、他者とも出会えない」

 

 

私は、人はみんな自分を表現するために

生まれてきたと思っています。

何を表現するかを「決めて」生まれてくる。

そして、生まれたらすべて忘れる。

なぜかというと

「知っている」と体験できないからです。

 

魂は「体験」したくてたまらない

体験とは「肉体」を持たないとできません。

 

観て

聴いて

嗅いで

触れて

味わって

 

感じたことを表現する。

どう表現するのかは、人それぞれの才能となって

備わっているもの。

 

「自分に出会う」とは

この才能と出会うこと

だと思っています。

 

でも、最近もっと先があると感じるようになりました。

生まれる前に決めてきたことに出会うこと

そして、それをまた選びなおせる

という段階です。

 

持っている才能を知った上で

新たに別の才能を選ぶことも人生にあっていいし

それこそが可能性なのかもしれない。

 

才能は持って生まれたものだけど

新たに創ることもできる。

 

それも

「自分と出会うこと」なのかもしれない。

 

そう考えると

「他者と出会う」ことの可能性がさらに広がるのではないか。

 

人ってどこまでも可能性だな。

あらためてそう確信しています。

 

今日、個人セッションをしました。

相手の可能性から一歩も引かない私でした。

だって、人はみなこれだけすごい可能性と一緒に生きているのです。

私があきらめるわけにはいきません。

 

そんな私が怖かったわけではないと思いますが

(いや、絶対そうです。怖くないです)

 

セッションが進んで

クライアントの方は

涙で言葉が出てこないこと10分。

じっと待ちました。

ここが可能性への入口だと感じたからです。

 

出口がないように思った10分間が

過ぎるとクライアントの方からは

自然と言葉が出て来ました。

 

これまで、言いたくても言えなかったこと

じっと我慢していたこと

全部吐き出したとき

 

それは、まさに

「自分に出会った」瞬間でした。

 

 

まだサポートは必要だけど

クライアントの方は、今日から他者と出会う人生が始まったと思います。

これからが本当の人生の始まり。

望めば人生はいくらでも選びなおせます。

 

まだ会ってない自分に会ってみませんか?

お手伝いします。

 

 

 

 

人生に繰り返し起こるパターンから抜け出したいとき

 

 

 

 

 

足の指にあなたの人生のパターンがあらわれています。

 

 

 

 

 

 

★トウリーディングセッションご希望の方はこちらから

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

9年周期とは?

数秘術では、人生を9年の周期に分けてみていきます。

例えば、2018年の1年間は1から9までの

どの数字のエネルギーを受けるのか

数字が表すエネルギーとは「感情」です。

2018年は、どんな感情になりやすいか知っておく。

これが、なんの役に立つのかというと

感情は、すべての行動の源です。

 

感情が足をひっぱる

9年の周期には、それぞれ「波」があります。

一番高い波がくるのが「8」の年です。

数字には、「表」と「裏」のエネルギーがあります。

9年間の中で、一番高い波に乗ろうとしたときに何が、

あなたの足をひっぱるかといえば「感情」です。

あらかじめ、影響されやすい「感情」を知っておくことで

「気づく」ことができる。

恐れは幻想「8」は達成の年ですが、

「裏」の感情は「恐れ」です。

達成を目の前にして、「恐れ」が出てくる。

この恐れに影響されると、

最高の波に乗れずまあまあの波で終わってしまう。

もしくは、怖くて波にすら乗らなかったということも、

あるかもしれません。

「恐れ」は、行動を制限します。

今、自分が恐れているということに

気づけたら恐れを手放すことができます。

気づいてみると恐れは、実際には起きてはいないことです。

いわば「幻想」に過ぎないと、

気がつくことができたら

あなたの行動を制限するものは、ありません。

この9年周期は、テンプレートになっていますので

生涯お使いいただけます。

影響されやすい「感情」を知って

人生最高の波を逃さない。

そんな使い方がオススメです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日々のエッセイ

    アスリートの魂

    私の趣味の一つに「スポーツ観戦」があります。格闘技から卓球まで…

  2. 日々のエッセイ

    映画「あん」を観て

    樹木希林さんの最後の主演映画「あん」…

  3. 日々のエッセイ

    兼高かおる世界の旅

    子どもの頃大好きだった番組「兼高かおる世界の旅」テレビ…

  4. 人間関係

    クリアリングセッションの感想と白い巨塔

    生きていくことは苦労が伴うという世界で生きていると現実…

  5. 日々のエッセイ

    秋の休日

    おとひめカードを、朝一枚引いています。今日引いた一枚は…

  6. 日々のエッセイ

    初トークショー司会

    人を輝かせる専門家として新しい仕事に挑戦しまし…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. 日々のエッセイ

    兼高かおる世界の旅
  2. ラジオ

    ワクワクすることを選ぶ
  3. やさしい男たちシリーズ

    やさしい男たちシリーズ〜精神科医土田正一郎先生とのラジオ〜
  4. 数秘術

    相手に寄り添うこと
  5. 人間関係

    新しい時代に
PAGE TOP