「オステオパシー治療院いぶき」にて、からだの声を聴く

先日

以前、ホンマルラジオ北海道にも

出演していただいた

方波見 将之(かたばみ まさゆき)さんの

「オステオパシー治療院いぶき」で

「オステオパシー」を初体験してきました。

 

 

番組はこちらです。

http://honmaru-radio.com/chiechan0003/

 

私は、薬を飲むのも嫌いだし

病院嫌い。

30代の頃、盲腸で入院したとき

術後、胃が痛くなり

「胃カメラ」で検査をしました。

結局異常はなかったのですが

「痛い」と訴える私に

「検査しましょう」という言葉。

「痛み」は自然に無くなりましたが

胃カメラは

「もう2度とやるものか!」

と思うほど、辛かった。

 

あと、健康診断で飲む

「バリウム」

なんで、あんなものを体の中に入れないとならないのか

疑問です。

 

バリウムで異常があったら

胃カメラの再検査。

結局、バリウムでわかるのはここまで。

だったら最初から胃カメラでいいんじゃないの?

 

と、思います。

 

ここ2年ほど、パート先の会計事務所で

健康診断に行く機会があり

「高血圧」と診断されましたが

薬も飲んでいません(^^;

 

基本的に体は丈夫だと思っています。

無理がきく体だという自負があり

睡眠時間を確保するとか

あまり考えずに、やるときはやる!

と集中してなんでもやってきました。

 

でも、さすがに50歳を過ぎた頃から

ちょっと雲行きが怪しくなり

「無理はできない」と感じる今日この頃です。

 

ずっと抱えている腰痛

肩こり

治療の前に、気になる症状として

お話ししてから、体を診てもらいました。

 

「眠れてますか?」

と聞かれて

「更年期に入って、眠りは浅くなりました」

と答えるわたし。

 

「動悸とか、ありませんか?」

と聞かれ

「たまに。それも更年期と思っていました」

と、答えました。

 

この二つは

背骨に関係するのだそうです。

 

本来、背骨とはこのように湾曲しているものだけど

私の場合は、湾曲がなく、まっすぐになった状態。

脊髄に沿っている交感神経、副交感神経

に影響を及ぼしている。

心臓にも負担がかかった状態。

 

おそらく、長い時間をかけて

今の状態になったのだろうと思います

と、方波見さんの言葉を聴いて

意外と緊張の多い人生だったんだなあ

と、なんだか自分で自分を労って

あげたくなりました。

 

動悸と眠りが浅いのは

更年期だけではなかった(^^;

 

この模型使って体のことを説明してもらいました。

 

オステオパシーとは

手技で治療するものですが

骨・関節・筋肉はもちろん

血管・神経・リンパ・内臓・頭蓋骨などに

調整や矯正を行います。

 

私は、緊張している背骨と腰を重点的に

やってもらいました。

終わって、お話しをしている間に

だんだん眠くなってきました。

 

「緊張していた血管やリンパが緩んで

老廃物が動き出しているので

水分を多めにとって排出してください」

とのことで

2日間ほど水をたっぷりとりました。

 

腰のあたりは、相当固まっているとのことで

もう、腰痛とは一生付き合っていくもの

と諦めていましたが

施術の最中から、足に血が巡ってくるのを

感じて

「もしかして、そんなことないのかな」

と、思えました。

 

「体は急激な変化を好まない」

という方波見さんのお話。

 

 

緊張しているところを緩めていき

様子をみて、徐々に不調をとり除いていく。

これが、本来の治癒なのかもしれない。

私たちは、つい早く治したいと思います。

熱が出たら一刻も早く下げる

咳がでたら止める。

結果がでないと、焦る。

実は、体のメッセージを聴き逃しているのかもしれません。

 

 

不調が重なって病気になる。

 

私の体も、不調がかなり重なっているようでした。

体からいろいろメッセージは来ていましたが

聴こえないふりをしていたな〜(^^;

 

私の体は、時間をかけて緩めて

いく必要がある。

自分で体の声を聴いてみて

そう感じています。

 

方波見さんに

体からのメッセージを通訳してもらったような

感覚です。

 

施術は服を着たまま行います。

体の中は目に見えないけれど

何が起きているのかを知ることができる。

そして、そこに適切なアプローチで

治癒を促すことが可能。

方波見さんのオステオパシー治療から

そう感じました。

 

疲れが取れない

体の不調が続いている

不眠

など、抱えている方は

オステオパシー治療院いぶきで

方波見さんに会ってみてください。

 

 

 

★オステオパシー治療院いぶき★

円山公園駅から徒歩5分

札幌市中央区南1条西23丁目1-1朝日ビル2F 

WEBサイト

https://www.osteopathy-ibuki.com/

 

オステオパシー治療院いぶきのブログ

https://ameblo.jp/oste-ibuki/

 

 

 

 

 

 

 

 

9年周期とは?

数秘術では、人生を9年の周期に分けてみていきます。

例えば、2018年の1年間は1から9までの

どの数字のエネルギーを受けるのか

数字が表すエネルギーとは「感情」です。

2018年は、どんな感情になりやすいか知っておく。

これが、なんの役に立つのかというと

感情は、すべての行動の源です。

 

感情が足をひっぱる

9年の周期には、それぞれ「波」があります。

一番高い波がくるのが「8」の年です。

数字には、「表」と「裏」のエネルギーがあります。

9年間の中で、一番高い波に乗ろうとしたときに何が、

あなたの足をひっぱるかといえば「感情」です。

あらかじめ、影響されやすい「感情」を知っておくことで

「気づく」ことができる。

恐れは幻想「8」は達成の年ですが、

「裏」の感情は「恐れ」です。

達成を目の前にして、「恐れ」が出てくる。

この恐れに影響されると、

最高の波に乗れずまあまあの波で終わってしまう。

もしくは、怖くて波にすら乗らなかったということも、

あるかもしれません。

「恐れ」は、行動を制限します。

今、自分が恐れているということに

気づけたら恐れを手放すことができます。

気づいてみると恐れは、実際には起きてはいないことです。

いわば「幻想」に過ぎないと、

気がつくことができたら

あなたの行動を制限するものは、ありません。

この9年周期は、テンプレートになっていますので

生涯お使いいただけます。

影響されやすい「感情」を知って

人生最高の波を逃さない。

そんな使い方がオススメです。

 

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 日々のエッセイ

    アウトプットする

    かんちゃんとアメブロの声のブログを毎朝やっています。5…

  2. 日々のエッセイ

    数字でわかるあなたの健康状態

    5月なのに、30度を越す暑さですがみなさま、体調など崩していな…

  3. 日々のエッセイ

    秋の休日

    おとひめカードを、朝一枚引いています。今日引いた一枚は…

  4. 日々のエッセイ

    私、パワーアップしています。

    本日のトウリーディングお試しセッションを終えてパワーア…

  5. 日々のエッセイ

    やめたいけど、やめられない

    11月24日土曜日、お金、健康、人間関係についてのセミナーに参加してき…

  6. 日々のエッセイ

    聴くことは、実は自分を表現している

    「聴く」私は、ラジオ番組を収録するとき、ゲストの方と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. ラジオ

    幸せを考える
  2. 日々のエッセイ

    育てる力
  3. 未分類

    「生きる」
  4. トウリーディング

    あなたは何を我慢してきましたか?
  5. 数秘術

    数秘術「1」の物語 〜自信って必要か?〜
PAGE TOP