原田恵子トークショー

年齢を言い訳にしない

 

夫はオリンピック金メダルリストの

原田雅彦さん。

これまでの人生を見つめて

さらけ出す覚悟をして、出版したこの本

 

まえがきに

 

心の仮面を取りたい

本当の自分を出したい

私という個人を見て欲しい

とあります。

 

このフレーズを読んだとき

私も同じことを感じていたことがあった時期を

思い出しました。

 

私は、結婚をしていないし

子供もいません。

 

40代になるとき

このままでいいのか、、、、

という焦りが襲ってきました。

女性として、子供を産まないのは

何かをやり残しているのではないか

本当に後悔しないか

 

子供を産まない女性も

たくさんいるのに

なぜか、取り残されたような気持ちになっていました。

 

恵子さんの

「年齢を言い訳にしない自分の育てかた」

を読んだとき

この

焦り を共有できた感じがしました。

 

もう40代だから

50代になってしまったから

更年期だから

様々な思いの奥にある

女性が体験する

「焦り」

 

私とは、全く違う人生ですが、そこが表現されている

と思いました。

 

パートナーシップ

 

恵子さんと話をすると

夫への愛を感じます。

 

この本の編集・ライティングをした

古賀里香さんはこう言います。

「何があっても、夫を支えるというところから

ブレない人」

 

夫と一緒に輝いていたい

という、可愛らしい言葉。

 

自分のために生きる

自分のやりたいことだけやる

 

こんな言葉をよく聞きます。

夫と一緒に輝くことが

自分のやりたいこと

だとしたら

これは、最高のパートナーシップではないか。

 

ついつい男性と張り合ってしまう

私には、とても新鮮な関係に思います。

 

 

すべての女性たちへ

 

私にはムリ!と思っていることが

本当は自分の

「やってみたい!」

ことなのかもしれない。

 

としたら、どうでしょうか?

 

ムリ!という言葉は

とても危険な言葉です。

 

この言葉は、大事なものを見えなくしている。

ムリ

を、一旦横において、もう一度考えて見る。

 

ムリ! なものを

無理やりやるのではなくて

一旦横におくことで、見えて来るものがある。

それが

本当にやってみたい ことかもしれません。

 

自分の人生でそれを実践し

分かち合うことを決めた恵子さん。

 

トークショーでは、すべてを話します。

 

ホンマルラジオ北海道にゲスト出演して

いただいたご縁で、トークショーを

一緒にやらせて頂くことになりました。

 

私にとっても初挑戦。

声だけではなくて

実際にみなさんの目の前でお話するという

考えたら、とても緊張します(^ ^)

 

夫が金メダリストだから

本が書ける。

結構、こう言わることがあると恵子さんは言います。

 

この本は、すべての女性たちへの

メッセージです。

 

きっと、自分と重なる瞬間があります。

 

トークショーでお会いしましょう!

 

トークショー詳細・申し込みはこちらから

 

 

ラジオはこちらをクリック

 

 

 

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. ラジオ

    幸せを考える

    人は、幸せ と幸せな気分 を 勘違いしている。&nbs…

  2. ラジオ

    そうだ!ホンマルラジオ夏フェスに行こう!

    ドラえもん と 名探偵コナン2017年邦画…

  3. ラジオ

    ホンマルラジオ北海道・夏フェスを終えて

    8月12日 エルプラザ大研修室でホンマルラジオ北海道 …

  4. ラジオ

    自己表現しようぜ!

    「自己表現しょうぜ!」これは、フォトクリエイターKumiko …

  5. ラジオ

    さとざっぷ

    さとざっぶホンマルラジオ北海道パーソナリティの工藤貴子ちゃん…

  6. ラジオ

    代表ビビる

    「本気まるだし」情熱チャンネル北海道!ちあきちゃんと収…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

メルマガ

LINE

ラジオ

FACEBOOK

  1. ラジオ

    幸せを考える
  2. 日々のエッセイ

    初トークショー司会
  3. トウリーディング

    あなたは何を我慢してきましたか?
  4. ラジオ

    代表ビビる
  5. ラジオ

    そうだ!ホンマルラジオ夏フェスに行こう!
PAGE TOP